体育系への就職活動に役立つと評判が良いアスリートエージェント!


アスリートエージェントはアスリートや体育系に特化した人材紹介や就職支援を行いますが、事前にどのような感じなのか知りたいものです。

大学生が体育系の仕事を探すときはただ単にあこがれだけでなく、適性がある職場を選ばないと意味がありません。

このため、どのようなサービスがあるか確かめ、就職に役立てるようにしましょう。

スポンサーリンク

体育系の仕事を探すために支援してくれる

アスリートエージェントは株式会社アーシャルデザインが運営し、就職支援や新卒紹介のエージェントサービスを行っています。

運営会社は2014年10月に資本金500万円で設立され、事業内容は体育会学生やアスリート特化型採用サービス、中小・ベンチャー向け採用コンサルティングサービス、企業ビジョンが伝わる採用ツールデザインがあります。

また、職業紹介事業許可番号 13-ユ-306944と認定を受けいるため、設立されて今年で6年目と新しい会社ですが安心できます。

また、この会社の事業は就職支援を中心に力を入れ、自分に合う仕事を探すためにアドバイスをしてもらえます。

サービス内容とは

アスリートエージェントの事業内容は3つあり、アスリートや体育系に特化した人材紹介、プロ就職アドバイザーがマンツーマンで担当、地方の学生に出張面談があります。

アスリートや体育系に特化した人材紹介や就職支援サービスは、体育系の就活をどのようにするか迷っている場合にサポートしてくれます。

アスリートエージェントは限定非公開求人もあり、新卒体育会学生、元体育会転職希望者、現役社会人アスリート、引退したプロアスリートに限定して支援していることが特徴です。

プロ就職アドバイザーがマンツーマンで担当はアスリート人材にしかできないアピールや強みを伝える方法を徹底的にフォローしてくれます。

このため、今後の人生を考えている際にも役に立ち、経験を生かして貢献できる職場を選ぶきっかけにすると便利です。

地方の学生に出張面談は大学や会社まで来てくれるため、アドバイザーと直接情報のやり取りができます。

このため、地方から大都市にある企業に就職する際に役立ち、応募書類の書き方や面接対策をするきっかけにすると便利です。

評判や口コミ

アスリートエージェントを利用するときは信用できるか知りたいもので、事前に口コミや評判を参考にすると便利です。

就活の教科書の調査では以下の3つの感想があり、知っておくと自分に合うかどうか判断できます。

1つ目は「この方達と一緒に働きたい」と心から思える企業に出会えたことで、やりがいがある職場を探せたという喜びが伝わってきます。

2つ目は自分の価値観にあう企業をピックアップしてくれたことで、相談するとマッチングする職場を探せることが分かります。

職場を選ぶときはマッチングをするかしないかが重要で、エージェントに相談してから決めると効果的です。

3つ目は合わない人は一切放置されることで、就職をする際には企業が求める条件とマッチしないと意味がないものです。

このため、自分自身が合っているのかどうか判断でき、今後の人生を決めるきっかけになります。

一方、ホームページでの評判は以下のとおりです。利用者の2つの事例が紹介され、参考にするとどのようなことが良いか伝わってきます。

1つ目はカウンセリングや相談を徹底して行い、最適な企業をピックアップしてくれることです。

また、入社前に行われる内定者研修も好評で、就職をする前にどのような環境で働くか分かります。

2つ目は転職者からの情報で、プロの就職アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い価値観を引き出して最適な企業を紹介しているとのことです。

転職は職務経験を生かして貢献できる職場を探したいもので、多くの選択肢の中から選ぶと時間がかかりますが効率よくなるように配慮してくれていることが伝わってきます。

逆に、必ずしも求職者がアスリートエージェントの就職エージェントと相性が合うわけでなく、きちんと見極めてから決めないといけないようです。

最近では去年のラグビーワールドカップや今年の東京オリンピックなどスポーツイベントが続き、アスリートの就職の需要は高まっています。

このため、アスリートエージェントで就活アドバイザーにサポートしてもらい、悔いを残さないように就職活動をすると良さそうです。

おわりに

アスリートとして働くときはやりがいを感じる職場を探したいものですが、合わない環境を防ぐようにしないといけません。

アスリートエージェントはマンツーマンでカウンセリングをするなど希望に合わせて職場を紹介してくれ、ミスマッチを防げて効果的です。

利用者からの評判はプラスになるようなものもありますが、合ってなければほかの仕事を探すように勧められてしまいます。

仕事は合わない職場でしてもムダになるため、事前に自己分析や職場の求める人材の特徴を把握し就活アドバイザーのサポートを受けることが大事です。

タイトルとURLをコピーしました