自動車整備士が就職や転職をするために覚えるべきことと対策の仕方


自動車整備士として働くときは状況に応じて就職や転職を考え、仕事をしやすい職場を探すようにしたいものです。

仕事を探す場合は業界の動向などを確かめ、どのような目的を決めて臨めばいいか考えるようにするといいと思います。

スポンサーリンク

自動車整備士の現状

自動車整備士の仕事は車のエンジンなどを治す医者のような役割がありますが、現状は不足しているため常に募集されています。

最近では車社会のため車がないと生活が制限されるため、保有する家庭が多く故障した場合に治してもらえるようにしたいものです。

しかし、整備士の人数が不足しているため予約をしても待たないといけない状況にあり、募集してもなかなか集まらないため需要に対応できなくなっています。

整備士不足は車がトラブルが起きたときになかなか依頼できなくなり、日常生活やビジネスに支障をきたすため早急な対策をすることが必要です。

人手不足になる要因は若者の車離れや少子化、職業の選択肢の多様化があり、免許さえ取らなくても生活に困らないと考え所有すると維持費がかかることを避けるために車に対して興味や関心を持たなくなってきたと言えそうです。

自動車整備士は多くのパーツを扱うためそれなりの知識が必要で、興味や関心を持つ人が減ったことが整備士不足につながっています。

自動車整備士の需要

自動車整備士の仕事は車に関する知識や技術力がないと不可能で、なおかつ利用者に信用されるようにしないといけません。

このため、自ら希望してなろうとする人は少なく、中途採用を行うディーラーも増えていることが現状です。

大手のディーラーは50名規模の大量募集を行い、景気回復で車の販売数も伸びているために需要が高まっています。

最近では、整備士不足に対応するために未経験者でも応募できる整備士の求人も増え、これから車に関する知識や技術を付けたいと考えている人に向いています。

未経験者を募集する背景は人員不足で整備を依頼する利用者に対応できないためで、求人募集を頻繁に行っているため自動車に関することに興味があれば応募してみても良いかもしれません。

求人募集はディーラーだけでなく整備工場や町工場などさまざまな選択肢があり、仕事内容や勤務時間、給料、待遇などを確認すると決めるきっかけになります。

求人募集は経費がかかるため人手が足りなくてもできないこともあり、関係者から紹介してもらうようにする職場も多いことが現状です。

【オススメ求人サイト】

自動車整備士の求人・転職情報なら【レソリューション】
日本で唯一のパイオニア 全国ネット
自動車整備士専門人材サービス企業
株式会社レソリューション~

☆ 業界シェアNo.1
☆ 取引実績 全国300社以上
☆ 面談数 年間2,000名以上

▼詳細はこちら
メカニック専門求人 業界シェアNo.1 レソリューション

自動車整備士の将来性

自動車整備士は車社会である以上は故障があれば治さないといけないため需要が高く、当面は確保されているためなくなることはなさそうです。

車の整備は専門的な知識がないとできないため人員不足になる職場も多く、希望していれば応募すると採用され経験を通してスキルアップをします。

ただし、CASEによって自動車整備士に対する需要が大きく変わることが予想され、自動運転が当たり前になれば対応できない中途半端な整備士は不要になります。

このため、時代の流れをいち早く察知しスキルアップをして対応できるようにならないと永遠に仕事を保証されるわけでなく、考え方しだいで大きく変わってきます。

このため、先端技術に強い整備士が求められ、ハイブリッドカーや電気自動車などを治せるようにしないと厳しいです。

また、従来のガソリン車は今後の技術革新によって淘汰される可能性もあり、整備士として働くためには新しい技術に対応できるようにしないといけません。

就職や転職の状況

自動車整備士の需要は現在では整備士不足に悩まされ、就職をするために選ぶとあっさり採用される可能性もあります。

また、未経験者でも可能な町工場や整備工場、ディーラーなどもあり、採用されてから経験を通してスキルアップをするように考えると効果的です。

転職は職務経験があるため今すぐにでもほしいディーラーや整備工場などが多く、最新の動向を確かめて応募すると職場に貢献できます。

ただし、今後は自動運転や電気自動車の普及も予想され、職場で生き残るためには対応できるように知識や経験を積むことが必要です。

近年では整備士不足が課題になっていますが、中途半端な技術しかないと使えないため技術力を上げるようにしないと厳しくなります。

応募するときはただ単に車に関して興味があることだけでは通用せず、積極的に技術力を付けるように志望動機や目標を伝えないことには採用してもらえないため注意が必要です。

このため、求人募集に応募する際にはどのようなことが求められているのか確かめ、強い意識を持って対策を講じないといけません。

おわりに

以上のように、自動車整備士の仕事は整備士不足に対応するため需要が高いですが、中途半端な知識では通用しないことを頭に入れる必要があります。

整備士の仕事は高い技術力を持たないと限界があり、未経験で応募して採用されてもスキルアップをしないと生き残れないことを認識して就職先や転職先を選ぶことが重要です。

【オススメ求人サイト】

自動車整備士の求人・転職情報なら【レソリューション】
日本で唯一のパイオニア 全国ネット
自動車整備士専門人材サービス企業
株式会社レソリューション~

☆ 業界シェアNo.1
☆ 取引実績 全国300社以上
☆ 面談数 年間2,000名以上

▼詳細はこちら
メカニック専門求人 業界シェアNo.1 レソリューション

タイトルとURLをコピーしました