近年車の燃料として注目されているアドブルーとは?


アドブルーとはいったい・・・特徴は?正しい使用方法は?

スポンサーリンク

次世代のディーゼルエンジンには必要不可欠

アドブルーとは高品位尿素水のことで、アンモニアでは特有の強い刺激臭があり気化すると可燃性の気体になり運行上の危険が伴うため代わりに用いられる傾向があります。

アドブルーは無色で無害の液体で危険性がなく、尿素SCRシステムでも安心して補充できることがメリットです。

最近では、自動車メーカーが年々厳しくなる排出ガス規制に対して、ディーゼルエンジンのガスをどのようにするか対策を講じています。

このため、ディーゼルエンジンが排出する窒素酸化物を浄化する尿素SCRシステムが注目され、有害物質の窒素酸化物とアンモニアを化学反応させて無害な窒素と水に分解して排出しています。

次世代のディーゼルエンジンは地球環境保全対策をしないといけないため、有害物質を出さないように自動車メーカーはアドブルーを使って刺激臭を防いでいます。

尿素SCRシステムに補充することを唯一許可され、通常の尿素水と間違えないようにすることが大事です。

このシステムが搭載される車はトヨタの次世代クリーンディーゼルエンジンであるGD型エンジンのすべてや2017年11月22日以降に発売されたハイエースバン等があり、今後は他のメーカーの車に付けられることが予想されます。

アドブルーを使うために注意すべきこと

アドブルーは燃料と同じように消費されるため、走るごとに補充する必要があります。

基本的に、およそ1000キロ走るたびに1リットル消費することになり、中でもハイエースバンは容量が少なくこまめに補充することが必要です。

また、なくなればエンジンがかからなくなり、警告灯や警告メッセージがあるか確認してすぐに補充しないといけません。

尿素水は水と同じく結晶化してしまう特性があり、凍結温度はマイナス11度と低いです。

もし、凍結してしまった場合はエンジンがかかればヒーターがアドブルーを解凍するため、溶けた時点から噴射が開始されることになります。

液体が体にかかってしまった場合はすぐに洗い流し、目に入ると即座に水道水で15分以上洗い流し違和感があればすみやかに病院で診察を受けることが必要です。

アドブルーは温度上昇によって大きく製品寿命が低下する傾向があり、外気にさらされれば40度になれば4ヶ月も短くなってしまいます。

このため、格安で販売されるタイミングで大量に購入する方法はリスクがあり、そのまま使い切るか余れば廃棄する方法が望ましいです。

アドブルーには以上のような注意点があり、安心して運転できるように使う必要があります。

スポンサーリンク

正しい使用方法を理解しよう

今後はトヨタや大手ヨーロッパのディーゼルエンジンメーカーに広く搭載される尿素SCRシステムですが、補充する液体のアドブルーを使う際には注意事項を確かめる必要があります。

車の排出ガスは地球環境を破壊する要因になるため年々規制が厳しくなる傾向があり、尿素SCRシステムの仕組みを知ることが大事です。

アドブルーは使い方を間違えるとエンジンがかからなくなるなどトラブルが発生しやすく、高温になると空気に触れるだけで帰化してしまいます。

冬場に車を運転する時は凍結しやすくなるもので、凍ってしまうとエンジンがかからなくなります。

アドブルーは刺激臭があり有毒なアンモニアに代わって使われ、排気ガスを減らして地球環境保全に貢献できることがメリットです。

購入する方法はカー用品店やガソリンスタンドでもできますが、通販サイトでは格安で販売されるためまとめ買いをしてしまうこともあります。

まとめ買いをする時は中途半端な状態で残ると温度上昇で製品寿命が低下し、自宅に冷暗所がないと必要な数量を確かめて保管することが重要です。

おわりに

アドブルーは正しい使用方法を理解しないと意味がなく、疑問点があれば専門店で質問するなど勝手に判断しないように心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました