一食置き換えなくても痩せられる?食べるだけのダイエット方法がある?


ダイエットと言うと、近年は一食を何かドリンクだったり軽めの食事と置き換えて、一食当たりの摂取カロリーを減らす事で体重を減らして行くという方法が定番になっていますが、実際はあまり一食を置き換えなくても痩せられる方法があればそれを実践したい所ですね。

所が、そんな夢のような方法で痩せられるダイエット方法があるのですが、もちろん知りたいですよね?

その方法と言うのが、レモンを食べるだけのダイエットだったりするのです。

スポンサーリンク

レモンを食べる?

レモンを食べるなんて、そんなの酸っぱくて毎日は無理だよ~!と思った方、早計です。

レモンは基本的には砂糖漬けにして食べます。

と言うか、レモンシロップを作る過程で出た産物を食べると言った方が正しいかも知れません。

とりあえず、レモンシロップのレシピを紹介するので、それにならって作ってみてください。

作り方

まずレモンは2~3個用意してください。

800cc程度が入る瓶だと、普通の大きさのレモンだったら2個で、小さめのレモンだったら3~4個入るかも知れません。

使う便は熱湯で煮沸消毒して冷ましておいてください。

レモンシロップに使うレモンは、皮ごと食べられますと言う表記のある者を買ってきてください。

実は何も書いていないレモンには、かなり毒性の強い防腐剤が使われていたりするので、それは皮の表面部分に付着&浸透していたりするので、それで食べるのには向いていないのです。

防腐剤未使用のモノか国産レモンを買う様にしてください。

買って来たレモンは表面をきれいに洗った後、7~8mm幅の輪切りにして種をしっかり取りましょう。

種を取ったら輪切りのレモンを4等分にしてください。

瓶の方には、砂糖を瓶底に厚さ5mm程度で敷き詰めたら、その上から先ほど輪切りを4等分にカットしたレモンを入れて行ってください。

この時、レモンが2cm幅程度で積もったら、再度また砂糖を入れてください。

レモン砂糖レモン~と交互に入れて行き、最後は上から砂糖をかけて終了です。

あとはシロップが瓶に溜まってくるまで約1週間程度待ちましょう。

スポンサーリンク

試してみよう

そうして一週間後に出来たシロップですが、紅茶に入れてレモンティーにしたり料理に使ったりと色々使えて便利です。

すると残るのが、輪切りにして4等分にカットしたレモンですが、このレモンを食べるのです。

この状態になるともう酸っぱさよりも甘さしか感じないので誰でも食べやすいと思います。

レモンの黄色い皮の部分にはエリオシトリンと言うポリフェノールの一種が含まれているのですが、食事で食べた油脂分が身体に体脂肪として付くのを防ぐ効果があるのです。

また、糖質を合成して脂肪に変換されると体脂肪として身体についてしまうのですが、この体脂肪に変換されるときに発生する過酸化脂質と言うのを作らせない効果があるので、それでダイエット効果が高いとされているのです。

1日あたりの食べる量は輪切り1枚分、つまり4等分にカットしたので4カットを食べるだけでかなりの効果を期待できます。

甘くなっていてもレモンの皮の効果の方が高いので、脂肪になる事も無く燃焼されて行くでしょう。

おわりに

食べるだけで痩せられるダイエット方法なので、お試しでも作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました