フリーランスという働き方におけるメリットとデメリット


フリーランスという働き方は会社などに所属しないで、フリーで働くということになります。

会社に勤務して収入を得るというのが日本では一般的になっているがために、こういった働き方をしている人は少数派と言えますが、そういう働き方をしたいと思っている人、憧れている人もいるのではないでしょうか?

フリーランスにはメリットももちろんあるわけですけど、デメリットもありますから、それを会社員として働くケースと比較をしないといけません。

そのうえでどちらが望ましいのか?ということを考えて結論を出すべきでしょう。

現在は学生をしている人や既に会社で働いている人でフリーランスを検討している、興味があるというときには、まずはフリーランスという働き方の特徴に関して理解をしておくべきと言えます。

スポンサーリンク

フリーランスという働き方のメリット


フリーランスという働き方にはいくつかメリットがあり、そこに憧れて実際にフリーランスになりたいと考える人がいます。

代表的なメリットをいくつか挙げていきたいと思います。

仕事を自由に行うことができる
これは会社員との大きな違いになりますが、会社で働いていれば会社から仕事を与えてもらえる代わりに、仕事内容を選ぶことが難しい場合があります。

したがって、自分ではやりたくないと思っている、自分には向いていないと思っている仕事もやらないといけません。

ただ、フリーランスではどういう仕事をやるか?は自分で自由に選ぶことができます。

仕事の依頼が来たときでも、それを断ることも十分に可能です。

ライフスタイルが自由になる
フリーランスという働き方は会社に出勤する必要がありません。

仕事の進め方に関しては割と自由と言えるので、家の中で仕事をするというのも十分に可能でしょう。

そして、朝早く起きる必要もないという点は大きいと言えるのです。

満員電車に乗らないでもいいというのも魅力ですけど、朝早く起きるのが辛い人もいるはずで、そういう人にとってはフリーランスは向いています。

活動時間帯に関して、ベストと言える状況は人それぞれ異なっているはずなので、例えば昼過ぎから仕事をしたいと思っている人がいたとしてもそれが可能になります。

また、仕事をいつやるか?に関して、曜日や時間帯などが自分で自由に決められるため、プライベートも充実させやすいです。

例えば、急に合コンに誘われたというときに、会社に勤務していて仕事をしないといけないとなれば、欠席するという状況は十分にありえますが、フリーランスをしていればそういったときでも問題ありません。

予定していた仕事を進めるのをやめて、そういった時間に使うという臨機応変の対応が可能となります。

長時間労働の心配がない
現代では労働者の長時間労働が問題となっており、過労死に至るケースもあります。

フリーランスでは労働時間は自由に決められるため、基本的に過労死の心配は皆無でしょう。

長時間労働になることもなく、健全な労働時間を維持させやすいです。

ただ、稼ぐことに躍起になってしまうと、結果的に長時間働いている状態になることはありますが、そこを意識したうえで仕事をしていればそんなに心配することではないと言えます。

【フリーランス向けの求人サイト】

フューチャリズム
スキルアップしながらしっかり稼げる優良案件を中心に紹介。継続率は9割を超えており、高い満足度。フリーエンジニアとして長く活躍したい人。
【midworks】
総合的なキャリアコンサルタントならではの、長期的な人生の充実を見据えたアドバイス、フォロー。
High-Performer
報酬額が高い上流案件が豊富。フリーで動いている個人の方に最大限に還元。
【Freeto】
IT業務経験者の方が多く登録しているマッチングサービス。今後フリーランスとして活躍したい方、現在よりワンステップ上を目指したい方。

フリーランスという働き方のデメリット


フリーランスには大きなメリットがいくつもありますが、もちろんデメリットもあります。

したがって、そこも確認しておくことが重要になるのです。

仕事を自分で探さないといけない
フリーランスというのはそもそも何を仕事にするか?から自分で自由に決めることができますが、何をやるか?を決めても仕事は自分で見つけないといけません。

収入源を自分で探し出さないといけないということは、通常の会社員には必要ありません。

会社に所属していれば、仕事が与えられ、それをこなせば給料が出るという状況なのです。

したがって、フリーランスというのは仕事を自分で見つけて、ちゃんとこなしていかないといけないですし、それが実際に可能か?はやってみないと分かりません。

つまり、収入を保証されている身ではないということを理解しておかないといけないのです。

社会的な地位で言えば高いとは言えない
フリーランスというのは自由度が大きいという魅力があり、そのイメージが強い職業ではありますけど、やはり不安定というイメージも同時について回ります。

したがって、安定した収入を期待しやすい会社員と比べると、あまり好印象を抱かれづらい面があるのです。

特に男性の場合には、フリーランスだと結婚相手を探すのに苦労する可能性があります。

不安定な収入の男性というのはそれだけ結婚相手として選ばれづらいということが言えますから。

実際はフリーランスであっても会社員以上に収入を安定させることは可能ですが、世間の大半はフリーランスに詳しくないため、そういう偏見を持たれてしまう可能性があるのです。

業界の変化に自分が対応しないといけない
どういう仕事をしていても、業界そのものが大きく変化するということがあります。

会社で働いていれば、その変化に対応するのは基本的には経営者や一部の人間であり、自分が当事者になることはなかなかありません。

しかし、フリーランスでは自分で何とかして対応しないといけないのです。

これができないと、今まではとりあえず収入面では問題なかったとしても、一気に収入が低下してしまうという状況がありえるのです。

こういった部分に気を付けるということが、フリーランスを選ぶうえでは特に重要と言えます。

おわりに

いかがだったでしょうか?
簡単にではありますが、フリーランスのメリットとデメリットのお話でした。

■フリーランスのメリット
・仕事を自由に行うことができる
・ライフスタイルが自由になる
・長時間労働の心配がない

■フリーランスのデメリット
・仕事を自分で探さないといけない
・社会的な地位で言えば高いとは言えない
・業界の変化に自分が対応しないといけない

安定した収入を期待するならば会社員ということになりますが、ライフスタイルが自由になるフリーランスという働き方は憧れますよね。

【フリーランス向けの求人サイト】

フューチャリズム
スキルアップしながらしっかり稼げる優良案件を中心に紹介。継続率は9割を超えており、高い満足度。フリーエンジニアとして長く活躍したい人。
【midworks】
総合的なキャリアコンサルタントならではの、長期的な人生の充実を見据えたアドバイス、フォロー。
High-Performer
報酬額が高い上流案件が豊富。フリーで動いている個人の方に最大限に還元。
【Freeto】
IT業務経験者の方が多く登録しているマッチングサービス。今後フリーランスとして活躍したい方、現在よりワンステップ上を目指したい方。

タイトルとURLをコピーしました