最近注目されている大人気の「原宿ポップコーン」の魅力とは!?


東京だけではなく、日本国内で大ブームを巻き起こしたポップコーン。

その中でもトレンドの聖地、原宿では海外で人気の専門店があったりと、ポップコーン激戦区みたいです。

スポンサーリンク

原宿ポップコーンとは何なのか

ギャレットポップコーンは2013年2月に原宿にオープンし、いつしか長蛇の列ができることでも注目されています。

人気の要因はポップコーンだけでなく様々なフレーバーがあり、キャラメルクリスプ、チーズコーン、シカゴミックス、マイルドソルト、プレーン、アーモンドキャラメルクリスプ、カシューキャラメルクリスプがあります。

店内は大量のポップコーンがあり、ノンオイルでトウモロコシを調理して油分を感じないことが人気の要因です。ポップコーンの形はマッシュルームとバタフライがあり、これらを絶妙なバランスでミックスさせています。

ポップコーンは若者たちにも人気で、この絶妙なミックスが話題になって注目されていることが特徴です。

原宿といえばおしゃれな服屋やカフェなどが多く、ギャレットポップコーンをオープンさせるとまたたく間に人気が出て口コミなどでも広がっています。

最近では3つの店舗がありおやつとして食べると良いもので、食べ比べをすると美味しく味わえることが魅力です。

どのような店があるのか

原宿はおしゃれな店だけでなくポップコーンを味わえる街としても注目され、全国各地から集まる若者たちにも受けています。

シカゴ発のギャレットポップコーンショップスはその火付け役で、店内に入ると色鮮やかなポップコーンが作られています。

KuKuRuZa Popcornはシアトル発の店で、40種類以上のフレーバーと手作業で作られています。

シナボン・グルメ・ポップコーンは伝説のマカラシナモンの芳ばしい風味とブラウンシュガーの濃厚な味わいがマッチし、サクサクで軽やかな食感がハマってしまうものです。

ポップコーンはスナック菓子として定着していますが、調理の仕方やフレーバーなどにこだわって選ぶとおいしくなります。

ポップコーンは屋台のような場所で売られていますが、原宿にある店は店内で作って箱やパックなどに詰めて持ち運びやすいです。

店は原宿駅の周辺にあり目立ちやすく、気軽に立ち寄ってお土産として購入すると相手にも喜ばれます。

スポンサーリンク

どのような味わい方があるのか

ポップコーンといえばトウモロコシを加熱して弾けさせて作りますが、原宿では様々なフレーバーで味付けをすることで若者たちに注目されています。

味わい方はコーヒーと一緒に食べると楽しくなり、テイクアウトをして自宅に持ち帰ると病みつきになります。

できたての味は食感が良くて病みつきになり、店によって油分がないヘルシーなものもありこだわりを持って選ぶと良いものです。

人気の店は長蛇の列ができますが、開店直後などに行くと空いているタイミングがありすぐにゲットできます。

ポップコーンはそのまま食べてもおいしいですが、フレーバーで味を変化させるとおやつのようになって良いものです。

スナック菓子は袋に詰めているため味気がないものですが、店でできたてのものを買うとアツアツで、歯ごたえが良くてハマってしまいます。

おわりに

味わい方は人それぞれですが紙コップのようなケースに入れるとすぐに食べれるため、歩きながら口に入れるとおやつとしては良いものです。

タイトルとURLをコピーしました