真夏の日差しが強い時に便利な日傘えらびのポイントは?


太陽の日差しや紫外線が気になる季節に「日傘」がとても活躍してくれます。

最近は思わず持って出かけたくなるデザインの日傘がたくさん出ていますが、日傘を選ぶ時にはデザインだけでなく、機能性に注目することが大切だと思います。

そんな「日傘」の雑学ですが、少しだけ読んでもらえるとうれしいです。

スポンサーリンク

日傘を差すことの効果

女性は、日焼けが肌のダメージを与えるものなので、紫外線から守るためには日傘が必要不可欠となってます。

日傘を差さないで外出をしたりすると、肌にしみが出来たり、肌のトラブルが起きやすくなります。

真夏の時期には、ショップに日傘が並べられる所も多いですが、この日傘を差すことで、日光からくる紫外線を遮断することが出来るのです。

真夏のガンガン照り注ぐ日光の紫外線から美肌を守ることが出来るものなので、昔と違って、肌にあたる衝撃も強くなってることから、外出する時には、持って行った方がいいかと思います。

日傘には、UVカットの効果もある日傘も多いので、女性は特に活用することをおすすめします。

日傘といってもずっと使えるものではないのです。

この日傘は、UVカットが出来るように予め加工しているものなのです。

日傘を選ぶ時には、日傘専用のものもありますが、日傘と雨降った時でも兼用で使えるものもありますので、

夏の時期は、天候が急に変わることが多いので、対応出来るものを選ぶことが大切です。

また、購入する時には、色やデザインもいろいろございますので、女性らしさを感じられるものを選ばれると、見た目的にも美しい女性に見えるはずです。

日傘の色によって、UVカットの効果がかわる

日傘として売られてる傘の色は、いろいろございますが、紫外線を通す色としては、白が断トツとなってます。

ですので、さわやかさを見せたいと思って白を選んでしまうと、日焼けをしやすくなるので、注意が必要です。

紫外線を通しやすい色の順番としては、白色>黄色>紫色>赤色>青色>緑色>黒色となってます。

黒が一番紫外線カットを出来るものとなってますので、日傘を購入する時には、暗めの色を重視して選択するのがいいです。

黒い色の日傘でもおしゃれな感じのものが多く販売されてます。

よく黒は日光の熱を吸収することから、暑さを感じやすいのではと言って、涼しめの白い傘を選ぶ方も多く見た目的に熱く感じます。

日傘の表面温度は、高いですが、傘を差した時の顔の温度は、黒が一番低くなります。

ですので、身を守るためには、黒の日傘を選ぶ方が多いということです。

効果が続く期間としては、大体2年から3年となってますので、一定の期間使ったら、新しいものに買い替えをした方が無難となってます。

大体そのくらいの期間となってますが、2、3年で日傘が使えなくなるというわけではなく、効果が薄くなるというだけなので、UVカットを目的としていない方であれば、それ以上に長く使うことが出来るようになります。

スポンサーリンク

日傘を選ぶポイント

今は女性だけでなく、男性でも日焼けを防ぎたい方も多くいらっしゃいます。

男性が日傘をするなんておかしいと思う方もいらっしゃるかと思いますが、まったくおかしいとは思わないです。

太陽の光が強くなってきているのと、日焼けをすることで、肌へのダメージが大きくなるという理由からです。

日傘を選ぶ時には、自分が楽なものを選ぶことが一番なのです。お勧めとしては、持ち運びが便利な折りたたみの日傘です。

折りたたみであれば、バッグに入れることも出来るので、いつでも必要な時に差すことが出来ます。折りたたみ日傘といっても、二段式や三段式などありますので、持ち運びを重視する方にはおすすめです。また、ロング日傘です。

特徴としては、お洒落で可愛らしさも感じられるものが多く、耐久性、遮光性に優れているものが多いことです。他にもミドル日傘、ショート日傘、ドーム日傘などあります。

このように、日傘には、大変多くの種類がありますので、選ぶのに迷ってしまいがちですが、特徴も個々にちがいますので、よく確認した上で、選ぶことが大切です。

UVカットをするための日傘なので、真夏の時期の日焼けや紫外線防止のためには必要不可欠だと思います。

まとめ

・紫外線から守るためには日傘が必要不可欠

・日傘、雨降った時、兼用で使えるものもある

・お勧めは、持ち運びが便利な折りたたみの日傘

日傘を選ぶ基準としては、黒目の色を選ぶと一番紫外線カットを出来るということですね。

タイトルとURLをコピーしました