小さくてかわいくて赤い宝石のようなさくらんぼの旬は?産地は?


小さくて丸くて可愛くて宝石のようなさくらんぼ。

食べやすいから好きな方も多いのでは?

そんなさくらんぼの旬はいつでしょうか?産地はどこなのでしょうか?

スポンサーリンク

さくらんぼとはどのようにしてできるの?

さくらんぼといえば桜の木になる実で、セイヨウミザクラやスミミザクラなどにできます。

名前の由来は桜の子の坊がさくらんぼに変化し、英語ではチェリーと呼ばれています。

高級果実としても有名で、国産のものになれば赤い宝石とも呼ばれ甘い味が特徴です。

さくらんぼは見た目が愛らしいため女性のハートをつかみやすく、甘みだけでなく酸味との調和が病みつきになります。

価格が高い要因はいちごのように栽培が簡単ではなく、可能な地域が限られているためです。

外国産のさくらんぼはチェリーと呼ばれ、アメリカンチェリーなど赤紫色とダークな色になっています。

品種や呼び名は地域によって異なりますが、一般的に店頭に並ぶものはセイヨウミザクラの仲間です。

旬の時期は6月や7月頃ですが、最近では温室栽培をすることで季節外れの時期でも購入できます。

季節外れのさくらんぼは希少価値が高く高価になりますが、アメリカンチェリーは4月下旬から8月上旬頃まで旬の時期は長いです。

さくらんぼの産地とは?

さくらんぼの産地といえばやはり山形県で、全国の4分の3のシェアがあります。

ほかの地域では北海道や山梨県や青森県などがあり、気温が低い地域が多いです。

海外ではトルコが30%のシェアがあり、アメリカや中国が続きます。佐藤錦は山形県産のさくらんぼの中でも最も有名で、ナポレオンと黄玉の交雑種で赤いルビーとも呼ばれています。

ナポレオンはヨーロッパで人気のある品種で、優良品種の親としても有名です。

輸入されているチェリーはアメリカンチェリーが有名で、品種はブルックスやレイニアなどがあります。

レイニアは国産のものと似ていますが、ブルックスやピングはダークチェリーとも呼ばれています。

さくらんぼは産地自体が限られますが多くの種類があり、食べ比べてみるとおいしく味わえることが特徴です。

缶詰で使われるさくらんぼは基本的に国産のものは高額になり、大部分は中国から輸入して着色料で色を付けているため本格的な味とは程遠いです。

スポンサーリンク

さくらんぼはどのように食べると美味しいの?

さくらんぼは飾り付けをするとかわいく見えるため人気があり、ケーキやパフェなどのデザートに飾ると良いものです。

そのまま食べる時は皮ごと口に入れてもおいしく味わえますが、熱で傷みやすく冷暗所に保管しなければ風味が落ちます。

さくらんぼは缶詰めがあって価格は安いですが、本格的な味ではないため物足りないものです。

さくらんぼは色付きが良く変色しているものを避けて選び、粒が大きいと食感があっておいしく味わえます。

保存は賞味期限が収穫して2日と短く、新聞紙などにくるんで涼しい場所に置かないと風味が落ちてしまいます。

おいしい食べ方は直前に冷やすと実が引き締まることがなく、なるべく冷蔵庫に長く入れないようにすることが大事です。

主成分はブドウ糖でミネラルを含み、貧血に効果があるなど良い食材としても注目されています。

おわりに

さくらんぼはスーパーなどでは缶詰めが売っていて、子供の弁当に飾ると赤くて愛らしい形をしているため楽しく、入れると喜ばれるものです。

タイトルとURLをコピーしました