赤い羽根の共同募金とは?仕組みや活動の内容、寄付の使い道は?


募金といえば「赤い羽根共同募金」というくらい有名ですが、仕組みや活動の内容、寄付の使い道などはあまり知られていません。

「赤い羽根共同募金」はどのような活動をしているのでしょうか、少し調べてみました。

スポンサーリンク

行われる目的を知って興味や関心を持とう

最近では地震や台風などの被害が増え、募金活動を行って復旧工事などに使われます。

募金の方法は募金箱に入れる手法が一般的でしたが、ネット上でもできるため好みに合わせて選べて便利です。

近年では東日本大震災をきっかけに助け合いの精神を持つきっかけになり、熊本地震や西日本豪雨災害など台風による被害も多発しています。

赤い羽根は募金をするともらえ、集まった金額は災害ボランティアやNPO活動などを行うための資金として使われる仕組みです。

寄付金は税制優遇も可能でうまく利用すると人のために貢献でき、今年も台風などの被害が起きているため募金を通して貢献できます。

募金は基本的に生活支援をするために行われ、災害復旧以外に高齢者施設などを建設するために使われる仕組みです。

赤い羽根の共同募金は毎年10月からキャンペーンを行う傾向があり、募金を通して社会貢献に興味を持つきっかけにすると助け合いの精神を持てるようになります。

広報活動の内容を知ろう

赤い羽根の共同募金は積極的に広報活動を行い、ポスターを目に付く場所に掲示して存在や寄付金の使いみちなどをアピールしています。

2019年は平成から令和に変わって新しい時代になり、人気女優の桜井日奈子さんをイメージキャラクターにしているため注目されやすいです。

広報活動はポスター以外に公式サイトからでも検索でき、公共施設などで積極的に行っています。

ポスターモデルは旬の女優などを起用する年もありますが、実際には社会情勢などでしないこともあるようです。

広報活動はポスター以外に仕組みや助成先団体などの動画、歌などで行い、より多くの人に知ってもらえるようにしています。

赤い羽根の共同募金は戦後間もない1947年に設立されて歴史があり、中央共同募金会や共同募金コミュニティサイトなどもリンク先として紹介しています。

最近では台風15号による千葉県災害義援金などを募集し、災害が起きれば積極的に募金活動をする傾向が強いです。

スポンサーリンク

他人を助け合うきっかけにしよう

赤い羽根の共同募金といえば公共施設や駅など目立ちやす場所にポスターを掲示し、内容を読んでみて募金に対して興味や関心を持つと助け合いの精神が芽生えてくるものです。

人間は助け合って生きていくものであると実感しないと人生は楽しくないため、共同募金をきっかけに災害が起きた時に支援できるように考えるとやりがいを感じます。

最近では多くの金融機関などでも積極的に募金活動をするようになり、金銭的に余裕があれば寄付することを考えると良いものです。

貧富の格差は近年は拡大しやすくなっていますが、恵まれている人もいればそうでない人もいることを実感する必要があります。

他人を助け合うことは相手に感謝されるためやりがいを感じるもので、災害などが起きれば積極的に募金活動をすると効果的です。

おわりに

人間は基本的に一人で生きていくことは不可能であることを実感し、他人に感謝しつつ困ったことがあれば力になれるように自分に言い聞かせると成長できます。

タイトルとURLをコピーしました