給料や仕事内容、人間関係、転職をすることになった理由とは?


転職をすることになった理由?いろいろありますよね。

給料、仕事内容、人間関係、残業、みんな考えがあると思いますが・・・

スポンサーリンク

面接時に質問される転職理由について

転職時に行われる面接にはいろいろな質問が想定されますが、中でも多いのが前職を辞めて、転職をすることになった理由です。

転職の動機は言いづらいことや、大きな声では言えないこともありますが、そういう場合はどうすればいいでしょう。

本当の転職するに至った経緯を、面接時に本音で話すべきものなのでしょうか。

給料や仕事内容のほかにも、職場の人間関係などに対する不満があって転職を決意した人もいることでしょう。

前の職場で働いていては、家族の介護ができないからという理由を持つ人もいます。

仕事をしなければお金が稼げませんから、採用してもらうために、でき得ることを最大限にするべきですが、ここで問題となるのが転職する理由を正直に言うべきかということです。

いままでの仕事を辞めた理由として、ネガティブなことを言えば、新しい仕事でもまた不満があれば辞めてしまうと、採用担当に受け取られる恐れがあります。

それでは、採用担当者によく見られたい一心で、自分の可能性を活かしたいからだと、前向きな言葉を連ねればいいのでしょうか。

嘘の受け答えをしてしまうと、質問でより深い内容を求められたときに、筋の通った内容のある話ができなくなることも心配です。

採用担当者にいい印象を持たせるためには、ネガティブな理由を別の視点でポジティブな内容にしていく方法があります。

周りの人と考えが合わずに辞めたという人は、より可能性を広げられる職場に移ることで、のびのびと働ける環境を作りたかったと表現できます。

面接時で上手に受け答えをするには、嘘ではないが真実とは少し見方が違う切り口にしておくと、うまく本音を隠す事ができます。

給料を理由に転職したいと考える場合

転職をしようと思う人には、思うなりの事情があるでしょう。

いま転職を考えている人は、仕事を辞める理由について、自分自身のことではありますが、よく整理しておく必要があります。

社内の雰囲気がやりづらかったり、嫌いな上司や社員がいたり、仕事が向かないと感じたり、やめたい理由はいろいろです。

今の仕事では給料が安いままであることが、転職を決めたきっかけだという人もいます。

やはり生活していく上でお金は必要なので、仕事が出来れば給料の額はいくらでもいいという訳にはいきません。

ですが、ただ給与面だけが不満だというのなら、折り合いがつかないか考え直してみるのもいいでしょう。

経済情勢が低迷している昨今では、そう簡単に仕事を移り歩くわけにはいかないのが事実です。

まずは、何か必要以上にお金がかかり過ぎている事がないか、家計の支出を細かくチェックしてみましょう。

場当たり的にお金を使っていれば、いざという時にお金がなまくなります。

もしも、過剰にたくさんお金が出ていく出来事があるのなら、それを取り除かないと、いつまでも現状は変わりません。

それでも日常生活に支障が出るようなら、その時になってはじめて、転職を考えてみるようにしましょう。

食事や、生活サイクルを見直した結果、現在の収入でもやりくりができて、不満がなくなっている可能性もあるでしょう。

スポンサーリンク

転職理由の上位にある残業の多さについて

社会人の転職することになった理由の中で、上位に入ってくるものとして残業の多さが挙げられます。

あまりにも残業が多いと体に負担がかかるだけでなく、仕事とプライベートの両立が出来なくなってしまいます。

休む間もなく働き続けるような暮らし方をしていると、仕事が苦痛になって、転職しないと体がもたなくなってしまいます。

仕事をしていく中では多少の残業によって、業務の成果や目的を当日のうちに収めることは必要なことです。

ある程度の残業をして、決まった日までに仕事を終わらせるためのつじつま合わせは、必要なことです。

しなければならないことがたまっているのに、労働時間を超過したくないから帰宅するという道理は、社会人には通じません。

その反面、過剰な残業時間による拘束は肉体的にも、精神的にも疲労を起こします。

人手不足の問題で、一人一人の仕事量が多くなり、結果的に過度の残業や休日出勤によって仕事の遅れを取り返さなくてはならない事もしばしばあります。

残業と休日出勤で休む間もないという人は、仕事を変えることでこの状況を打破したいと考えるものです。

会社によっては残業をしても給料内に含まれると言ったみなし残業や、年俸制を採用していて全く残業手当が発生しないという場合もあります。

転職をしたいと思ったきっかけが、どれだけ残業をしても給料が上がらないということだという人もいます。

残業時間も、休日出勤の日数も多いのに、給料は低いままということを、転職の理由にする人は少なくありません。

おわりに

あまり一人で考え込まずに、周りの人に相談してみてはいかがでしょう。

タイトルとURLをコピーしました