花粉症の洗濯物対策で症状を軽減しよう!

スポンサーリンク


花粉症の時期は、洗濯物にも注意が必要です。

外干しした洗濯物には花粉が付着しやすく、室内に取り込む際に花粉症の症状が悪化することがあります。

花粉症の症状を軽減するためには、洗濯物にもしっかりとした対策をしておきましょう。

外干しは避ける

外干しは、花粉症の洗濯物対策の基本です。

花粉が付着した洗濯物を取り込む際に、花粉症の症状が悪化することがあります。

また、洗濯物に花粉が付着したまま室内に干しておくと、室内に花粉が舞い上がり、部屋全体の花粉濃度が高くなる恐れもあります。

外干しをどうしてもしたい場合は、花粉の飛散量が少ない時間帯や天候を選びましょう。

また、洗濯物を干す前に花粉を落とすために、洗濯物カバーや柔軟剤を使うのも効果的です。

洗濯物カバーを使う

洗濯物カバーは、洗濯物に付着した花粉を室内に持ち込まないようにするための対策です。

洗濯物カバーは、100円ショップやホームセンターなどで購入できます。

洗濯物カバーを使う際には、洗濯物カバーが風で飛ばないようにしっかりと固定しましょう。

また、洗濯物カバーは、毎日洗濯して清潔に保つようにしましょう。

柔軟剤を使う

柔軟剤には、花粉の付着を防ぐ効果があります。

柔軟剤を使うことで、洗濯物が滑りやすくなり、花粉が付着しにくくなります。

柔軟剤を使う際は、花粉症対策に効果があると謳われているものを使うとよいでしょう。

また、柔軟剤の香りが苦手な場合は、香り付きのものではなく、無香料のものを使うとよいでしょう。

洗濯物を拭き取る

洗濯物を室内に取り込む際には、洗濯物を1枚ずつ軽く拭き取って、付着した花粉を落とすようにしましょう。

拭き取る際には、布団叩きやハンドタオルなどを使うとよいでしょう。

拭き取った洗濯物は、花粉が舞い上がらないように注意して取り込みましょう。

また、拭き取った布団叩きやハンドタオルは、洗濯して清潔に保つようにしましょう。

室内の換気をする

洗濯物を干した後は、室内の換気をして、室内に舞い上がった花粉を除去しましょう。

換気扇や窓を開けて、室内の空気を入れ替えます。

換気をする際には、洗濯物を干している場所の近くの窓を開けないようにしましょう。

また、換気後は、室内の床や家具などを拭き掃除して、花粉を拭き取ることも効果的です。

まとめ

花粉症の洗濯物対策をしっかりとすることで、花粉症の症状を軽減することができます。

外干しを避け、洗濯物カバーや柔軟剤を使うなどの対策を心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました